彩音TOP  >>  色彩色知識  >>  ウェディング  >>  サムシングブルー

色彩豆知識

ウェディングの色彩豆知識

サムシングブルー

「サムシングフォー」という言葉があります。
欧米で言い伝えられている言葉で、
結婚式当日花嫁が身にまとうと幸せになれるという4つのアイテムです。

「Somuthing Blue」…何か青いもの
「Somuthing New」…何か新しいもの
「Somuthing Old」…何か古いもの
「Somuthing Borrowed」…何か借りたもの

「青」は「忠実」「信頼」を表す色です。
花嫁の「清澄」の象徴でもあります。
また、欧米では聖母マリアのシンボルカラーとしても知られています。

サムシングブルーは人目に付かないように身に着けることとされており、
青いリボンが飾られた下着やガーターを身に着けるのがポピュラーになっています。
最近では結婚指輪の内側に青い石(ブルーダイヤやサファイア)を入れるサービスを
行っているジュエリーショップも数多く見られます。

ガータートスをご存知ですか?
新婦が未婚の女性に向かって投げるのがブーケトスなら、
新郎が未婚の男性に向かって投げるのがガータートス。

新郎は新婦のドレスの中にもぐってガーターをとってきます。
もしするならば…
ブルーリボンのついていない方のガーターを投げてもらいたいと思うのが
新婦の心情なのではないでしょうか。

「新しいもの」はウェディングドレスでも指輪でもなんでもかまいません。
花嫁は新しいものにたくさん囲まれてこの日を迎えるわけですから困りませんよね。

「古いもの」は謙虚な心を意味し
、代々その家に伝えられて来たものを受け継ぎ、大切にしてゆくことを表します。
また祖先から伝わる経済安定を表すものです。
お母様やお祖母様から何かを受け取ってください。

「借りたもの」は幸せな結婚をしている人(友人・お母さん・おばあちゃんなど)から何かを借りて、
その幸せにあやかるという意味があります。

ウェディングの色彩豆知識
色彩豆知識

ファッション・メイク・心理・コミュニケーション…広がる色の世界

色にはたくさんの意味(キーワード)があり、
人類の歴史・宗教・思想・文化・心理などと密接に関係しています。

また自分の魅力を最大限に引き出すファッションやメイクも、
色の使い方が大きく関係しています。

色についてもっと知りたい方、生かしたい方は、
ご一緒に楽しく学んで身につけていきましょう!