彩音TOP  >>  色彩色知識  >>  インテリア  >>  類似色相でまとめると…?

色彩豆知識

インテリアの色彩豆知識

類似色相でまとめると…?

色相の近いもの同士の組み合わせはまとまりやすいし、同一色相に比べて動きと楽しさがあります。

自然界にも多く見られる配色なので、私たちも自然に受け入れられます。

ただ、暖色・寒色・中間色のいずれかに偏りがちなので、
部屋の方角や採光を考えて温度感に気をつけて配色しましょう。

北向きで窓の小さい部屋を青などの寒色でまとめてしまうと、
とても寒々とした感じがします。

実際の室温が同じでも、色相によって感じる温度感はかなり違ってくるので気をつけましょう。
子ども部屋や寝室など、パーソナルな部屋は使用者の好みの色を基本に計画するのがオススメです。

インテリアの色彩豆知識
色彩豆知識

ファッション・メイク・心理・コミュニケーション…広がる色の世界

色にはたくさんの意味(キーワード)があり、
人類の歴史・宗教・思想・文化・心理などと密接に関係しています。

また自分の魅力を最大限に引き出すファッションやメイクも、
色の使い方が大きく関係しています。

色についてもっと知りたい方、生かしたい方は、
ご一緒に楽しく学んで身につけていきましょう!