彩音TOP  >>  色彩色知識  >>  イベント・年中行事  >>  バレンタインデー ハートはなぜ赤やピンクなの?

色彩豆知識

イベント・年中行事の色彩豆知識

バレンタインデー ハートはなぜ赤やピンクなの?

バレンタインデーに限ったことではないのですが、
よく目にするハートもイメージとしてのハートも赤やピンクが多いですよね。
何故でしょう。

「生命の赤」「情熱の赤」と言うように、赤は「生命」や「情熱」を司っています。
赤は火や夕日・朝日など、温かさ・熱を感じさせます。
人間は赤という色から愛情のぬくもりを感じているのでしょう。

「バラ色の人生」と聞かされて思い浮かぶのは真っ赤なバラ、
相手に愛情を強く訴えたかったら真っ赤な花束を贈りませんか?
ハートに現れる赤もそれと同じなのでしょう。

ピンクは赤に白を加えて生まれる色です。
幸福や安らぎそして愛情を象徴しています。
ピンクはヒドゥン・グリーンとも言い、緑同様ハート(心臓・心)を司る色でもあります。
するとハートがピンクで塗られるのも頷けますね。

ちなみにバレンタインデーは、恋愛による結婚禁止令に違反した男女の結婚式を執り行った
聖バレンティヌスが殉教した日を記念して設けられたものです。
形式こそ違いますが世界中に広がる愛の日です。

日本でも初めは「恋人に贈り物をする日」として宣伝したのですが、
その時はそれほど定着せず、その後製菓会社がバレンタインにチョコレートを結びつけて広告し、
今に至っています。

イベント・年中行事の色彩豆知識
色彩豆知識

ファッション・メイク・心理・コミュニケーション…広がる色の世界

色にはたくさんの意味(キーワード)があり、
人類の歴史・宗教・思想・文化・心理などと密接に関係しています。

また自分の魅力を最大限に引き出すファッションやメイクも、
色の使い方が大きく関係しています。

色についてもっと知りたい方、生かしたい方は、
ご一緒に楽しく学んで身につけていきましょう!