彩音TOP  >>  色彩色知識  >>  料理  >>  料理を引き立てるあかり

色彩豆知識

お料理の色彩豆知識

料理を引き立てるあかり

器の色やテーブルクロスの色、使われている素材の色。
そしてその料理の色の見え方を左右する要素の一つにあかりがあります。

あかりの選び方次第で料理に光沢が出たり器が引き立つなど、
ここでもおいしく見せる演出をすることができるのです。

光源が小さく、輝度(まぶしさ度)が高い「白熱灯」は、陰影が出やすいあかりです。
光が器やソースなどに反射して艶や光沢が生まれ、より立体的に料理を演出してくれます。
また、赤みを帯びた光が食材の赤みをより鮮やかに引き立たせてくれ、食卓がマイルドに感じられます。

一方青紫の色光が強い「蛍光灯」は、拡散光で陰影が出にくいので、
料理やテーブル全体を明るく見せることで素材の色や美味しさを鮮やかに再現します。
赤、緑、青の三色をより色鮮やかに照らし出す高演色タイプは野菜の色映えがよく、
より一層料理を美味しく演出してくれます。

お料理の色彩豆知識
色彩豆知識

ファッション・メイク・心理・コミュニケーション…広がる色の世界

色にはたくさんの意味(キーワード)があり、
人類の歴史・宗教・思想・文化・心理などと密接に関係しています。

また自分の魅力を最大限に引き出すファッションやメイクも、
色の使い方が大きく関係しています。

色についてもっと知りたい方、生かしたい方は、
ご一緒に楽しく学んで身につけていきましょう!