彩音TOP  >>  色彩色知識  >>  料理  >>  バランスのとれた食事の色

色彩豆知識

お料理の色彩豆知識

バランスのとれた食事の色

食材の色はジャンルごとに大別されています。
果物は赤や黄。
葉野菜は緑。
根野菜や穀類は白やベージュ。
肉や魚は赤系や白系。
海藻類は黒系。

それを更に栄養面から分類すると、
緑黄色野菜や果物にはビタミンやカロチンが、根野菜や穀類は炭水化物が、
赤系の魚肉類には高カロリーの動物性蛋白質が、白系の魚肉類には低カロリーの蛋白質が、
海藻類にはカルシウムなどのミネラルが豊富です。
つまり、食材の色分けは栄養価の分類に繋がっているのです。

これは中国の
「地上の出来事はすべてこの5つの要素の作用と循環によって説明される」
という陰陽五行説につながります。
木・火・土・金・水に対応する色として青(緑)・赤・黄・白・黒。
この5色が入っていればバランスがとれるとされています。
(かつて緑と青は区別されていませんでした。
 例えば信号機も緑色なのに「青信号」と言ったり緑色の野菜を「青々とした」と言いますよね?)

お弁当を考えてみましょう。
白いご飯にひじきを乗せて、脇にレタスを敷きます。
その上に焼き鮭と卵焼きをを入れると…見事五色です。
五色をそろえると、見た目が美しいばかりでなく栄養バランスも良い食事になるのです。

お料理の色彩豆知識
色彩豆知識

ファッション・メイク・心理・コミュニケーション…広がる色の世界

色にはたくさんの意味(キーワード)があり、
人類の歴史・宗教・思想・文化・心理などと密接に関係しています。

また自分の魅力を最大限に引き出すファッションやメイクも、
色の使い方が大きく関係しています。

色についてもっと知りたい方、生かしたい方は、
ご一緒に楽しく学んで身につけていきましょう!